風の画家 中島潔

NHKの「人間ドキュメント」を観てました



バジルの大好きな 中島潔さんの放映



いや 中島潔さんというか、中島潔さんの作品が大好き



なぜか 心に ストーンと落ちるものがある



昔懐かしの風景 そこにあどけない女の子と男の子



そして足元に走り回る うめ吉(小犬)



中島さんの作品には 必ず風を感じさせる



   



遠い昔 バジルが育った裏山の草原での出来事のような



昔懐かし風景が 想いおこされます



どこか物淋しげな 女の子の表情



バジルも そうだったのかな・・・アハ



   



十数年前 青森での作品展に出向き 購入した



小さな作品数枚と うめ吉のぬいぐるみ



うめ吉って 中島さんの母親を描いてたんですね



今回の放映で知りました



うめ吉って名前も バジルに近いものがあって



うめ吉のキーホルダーを 何度も洗濯しながら



持ち歩いてました



   



その中島さんが 清水寺の襖絵を描いていた



(今年の正月に清水寺に行ったのに・・・・)



あの絵柄がお寺に? 意外でしたが・・・



報道された 襖絵 感動でした



いつか この目でみてみたい



  



番組の中で中島さんが話した 子供たちへのメッセージ2つ



優しいこと 人の気持ちがわかること(他人のことを考えられること)



その二つがあれば どんなに強い人にも 頭のいい人にも負けません・・・・と



なるほど、作品にそのまま現れてますね



   



f0330364_1229497.jpg



    



  





=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=



「こうめ」の「布ぞうり」



   



f0330364_1229522.jpg



24センチ  友人にプレゼント



のびのびになっていた小学時代からの友人にやっと 



プレゼント出来ました



早速 御注文が3足・・・頑張らなくっちゃ!



 






[PR]
by baziruu | 2010-12-24 00:39 | アート・文化


<< 帯締めの結び・・・ ラーメン屋開店 >>