えんぶり その2

昨日に続いて 「えんぶり」

土曜・日曜と市内は 観光客も増え 祭りも最高潮のようです

さすがに、バジルは人混みは苦手なので


出掛けませんでしたが 友人は連日出掛けていたらしく

とても凄い人出で カメラを向けるのが大変だったようです

先日の画像を もう少し・・・


昨日は大活躍の子供たちでしたので 今日は大人たちを


f0330364_14303235.jpg


平日でも このような賑わい

市内にオープンした通称「はっち」の2階からの画像です



f0330364_14303419.jpg




      



f0330364_14303755.jpg


大人の太夫たちの勢揃いです

この組の太夫は5人ですが、3人の太夫の組が多く

その各組が 総勢30組程あるのです

それぞれの組が 市内のあちらこちらで舞いを

披露するのです





バジルがまだ小学生だった頃は

近くの 大地主様のお屋敷に えんぶり組がきて

そこの家のお庭で 舞いを披露するのを

見に行った覚えがあります


多分、そこの大地主様は 特別に来て頂いて

舞ってもらっていたのかとおもいます



「えんぶり」は やはり雪の上での舞いが

とても良く似合います



f0330364_14303925.jpg


お庭えんぶりになると このように雪の上で

舞ってくれて 荘厳で雰囲気がとてもいいのです


f0330364_14304192.jpg


観客は室内の縁側に陣取り 火鉢にあたりながら

甘酒を飲み 地元の食を口に運び ゆったりと

1時間近い 演目を観賞出来るのです  



日が暮れると かがり火を焚きながら 真っ白な雪を

バックに 1連のえんぶりの舞いを観賞出来るところも

あります。それは それで 庄屋様の殿様気分で

えんぶりを観賞できて 最高です



ぜひ、一度 八戸えんぶりを御鑑賞くださいませ



     



=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*



「こうめ」の「布ぞうり」



f0330364_14304467.jpg




24センチ  



エンジと薄黄緑を横縞に編み上げました



ニットの生地で作ってあります














[PR]
by baziruu | 2011-02-21 00:48 | 港街八戸


<< 北へ北へ・・・ えんぶり >>