お話会の例会

今日はお話会の 今年度初の例会でした



書記を命じられたバジルは緊張ぎみ?



今月のバジルは 



26日に市内の小学校で4年生を担当です



お話は日本昔話「ねずみじょうど」の予定



絵本は いつも悩んでしまいます



何にしようかな・・・・・・・



  



帰りに本屋さんで



絵本「ゆずちゃん」を購入しました



ちょっと、泣けちゃうかな



f0330364_16252194.jpg
 



小学4年生には きついかも・・・



大人でも泣いちゃうもん



 



        



今朝も 新聞の記事で涙した バジルでした



震災被害を受けた 釜石市での出来事でした



3月11日に誕生日を迎える子供の為に



ケーキを頼んでいたお母さん



ところが あの震災で注文を受けたケーキ屋さんは 



店内が壊れ さらに停電で 注文のケーキ等作れる



状態ではなかったので 代金を返済しようとしていた



そこに 高齢の男性が 1日遅れだけど どうしても



祝ってやりたいから ケーキを作ってほしいと願い出た。



誕生日を迎える子の祖父だった



    



停電で生クリームを作れないし 出来ない旨を丁寧に



話すと 高齢の男性は なんとか作ってほしいと譲らない



お店の方が 理由を聞くと その子(孫)の両親は津波で



行方しれずになっており 母親の最期の注文となったケーキ



で祝ってあげたいということでした



    



ケーキ屋さんは 



お父さん・お母さんからの最期の贈り物のケーキを作る決心を



して、一つだけケーキをつくった



     



何とも 沢山のドラマがありすぎる震災



バジルには涙を流すしか出来ない・・・・




[PR]
by baziruu | 2011-05-09 20:32 | 語り


<< フォリストパーク・軽米 根城 >>