新潟の旅 北方文化博物館

新潟の旅 1日目に観光に訪れたのは
「北方文化博物館」 別名豪農の館

ボ代ランテアガイドを予約してましたので
ガイドさんの丁寧な案内の下、詳細に見ることが出来ました。

ここは江戸時代中期に農から身を起こして豪農となった伊藤家。
敷地8800坪 建坪1200坪 部屋数65を越える日本式住居。
8年の歳月をかけて建てられた豪壮。
家族は12名で 使用人が4~50人が暮らしていたという。


f0330364_22371572.jpg

大きな囲炉裏は足を下ろせるように工夫され
1辺に4人程が座れてしまう

f0330364_22371847.jpg


台所の一部には瓶等が・・・・
何を写そうにも、広すぎてカメラに収まらない



諦めてbaziruはガイドさんの説明をじっくり聞くことにしました。
伊藤家は8代続いてますが すべて文吉を名乗り
6代目文吉の時の婚礼は 3日3晩続けられたそうだ。
それだけ招待客が多かったということのようです。

庭園にはお茶室が5棟もあり 庭園は開放してませんので
見る事ができませんでした。

県下一の田畑を所有し、3万俵の米つくりをしていた。
この伊藤家も戦後の農地解放により農地はなくなり
この屋敷からも去ったとのことでした。

新潟の米所の原点はここにあるのでは・・・・と、
考えたbaziruでした。




























































 














[PR]
by baziruu | 2012-09-26 00:39 | 旅行記


<< 新潟の旅 STOCK BUSTERS 新潟旅行 >>