秋も深まり

朝の目覚め時、外は雨。
通勤中も しとしと降り続いたが
利用者さんを迎えに出かける時には
すっかり止み、青空に・・・。

女心と秋の空とは よくいったもの。
先日のテレビ報道で、興味深い事を
話していた。
昔むかしは 男心と秋の空と読まれたそうで、
女が不義密通を犯したら、打ち首獄門。
それにくらべ男は・・・・。

日々の忙しさに、余裕もなかったbaziru。
午後の通勤で、すっかり刈り取られた田んぼに
車を止めた。
そうか、もう新米が食べられる。

f0330364_1127121.jpg



ここの田んぼの生産者は毎年このように
稲を自然乾燥の為に、積み上げる。

こちらでは、「にょう」というが、幼い頃はよく
この家のような雰囲気が気に入り、入り込んでは
遊んだ。家に帰る頃は、首筋がチクチクと痒かった。

向こうの田んぼはまだ刈り取りされてなく、残っていた。
このように、気まぐれな秋の空模様では、なかなか
刈り取れないのでしょう。

f0330364_1127378.jpg



通勤途中の家々の周りに、一際華やかな色合いの
コルチカム
葉が無く、花だけを秋に咲かせる習性の花。
花が乏しくなってくる、この時期には異常に目立つ。


f0330364_1127619.jpg
















[PR]
by baziruu | 2012-10-14 01:40 | 今日の出来事


<< 八甲田の紅葉 大人のためのお話会 >>