オトメエンゴサク

早朝、野山をぶらりしていると
とても気持ちがいい。
特に今の季節は、緑と花々の甘い香りに包まれて
靄のかかった野山には 小鳥たちのさえずりが心地いい。

この時期には、木々に葉が茂ってないので木々の周りにも
日が差込み そこには小さな花々が花開く。

オトメエンゴサク
名前も可愛らしい
北海道の蝦夷エンゴサクに似ているが、最近本州に自生するものは
オトメエンゴサクと命名されたとか・・・



f0330364_12291565.jpg


早朝なので、皆 梅雨に濡れ頭を垂れて・・・重そう^^

f0330364_12291716.jpg


このブルーの色合いがなんともいい感じ。
baziruの大好きな色。

f0330364_12292055.jpg


お顔は・・こんな感じ
なんかウーパールーパーに 似てない^^
誰もいない 山の中で一人 笑ってしまった。

f0330364_12292399.jpg


真下からのお顔・・・可愛いね^^

f0330364_12292520.jpg


しばし、オトメエンゴサクと戯れてました。

家に帰ると、息子たちからの贈り物。
そうか、その日は 母の日でした。

f0330364_12292833.jpg


携帯ポットとお茶のセット
これで、また温かいコーヒー持って
野山を駆けめぐれるわ。
ありがとうね。


[PR]
by baziruu | 2013-05-15 06:12 | 日記・エッセイ・コラム


<< 布ぞうり 山桜 >>