田んぼアート

稲が青々と緑を増し、そろそろ稲穂が出て来る頃かな。
お天気は相変わらず、どん曇りの八戸ですが、津軽平野は
晴マーク。
先日、施設の利用者さんに「田舎館の田んぼアートが見頃だってよ」
と聞かされ、数年前に行って以来行ってないのを思い出し、
公休日のbaziruは、田んぼアートで見頃を迎えてる田舎館に
車を走らせました。

田舎館の田んぼアートは1993年から初めて、年々素晴らしい
作品に出来上がっています。
以前訪れたのは2007年の葛飾北斎の赤富士でした。
そして、その年訪れた人は24万人を数えたそうです。

今年は、アートの会場が2ヶ所に増えているそうで
楽しみも倍増。
八甲田を越え、田舎館の道の駅で一息。
・・・と、車を止めたら、なんとそこが代2の会場となってました。

矢印にそって進んでいくと、展望台があり、
目の前には、色付いた田園が・・・・。

f0330364_1235655.jpg


これは、何だろう・・・カニ?

f0330364_1235846.jpg


それにしても、
稲に こんなにも色の違う種類があったとは驚きです。
白い稲?どんなお米?

いざ、階段を上がって展望台へ。
f0330364_1235109.jpg



それはそれは・・・ウルトラマン。

f0330364_12351315.jpg


カメラに全容が収まらない。

f0330364_12351540.jpg


地上から見た、カニ・・・と見たのは ○○星人。
詳細に植え込まれた稲で描かれたアート。
「ウルトラマン」の文字にも影の部分が有り
文字が立体的に見えるのも、凄すぎ。

これは、子供たちは大喜びでしょう。

さてさて、道の駅でリンゴソフトで休憩。
次なる「田んぼアート」へ

そこは田舎館村の庁舎。
そして、庁舎の展望台からの眺めのアート。
f0330364_1235179.jpg


ここが、庁舎。
そして天守閣のように作られた部分が展望台。
平日の日にもかかわらず、1時間待ち。

待ち場所は、建物の中なので、空調完備されており
過ごしやすく、また 制作の流れ等が放映されていたりで
1時間も気にすることなく 時間がながれました。

f0330364_12352011.jpg


地上からの絵柄
さて、何を描いてるでしょう?。

f0330364_12352290.jpg


近くに寄ると、こんなかんじです。
真っ白な稲、黒い稲、黄色の稲、そして緑。

1時間ほどたち、エレベーターで4階へ。
そこから2階ほど階段を上がり、天守閣展望台へ。

f0330364_12352413.jpg


はい、展望台からのアート
華魁です。
なんと、細かい部分まで描かれてました。
稲が成長する過程を考えながら、匠に植えられた稲。
感動、そのものです。


f0330364_12352777.jpg

そして、さきほど地上からの写真は
マリリンモンローのおみ足でした^^。

ここでも、カメラには収まらず
全容は、こんな感じ。

f0330364_12352980.jpg


とても、素晴らしく いつまでも見とれて居たかった
のですが、まだまだ並んでいる観光客の方々に押され
あっという間に、出口に・・・グスン。

1時間並んで、ほんの数分。
もう少しゆっくり見たかったなぁ・・・。

皆さん、ぜひお出かけくださいね。
実物にはホント感動しますよ。












[PR]
by baziruu | 2013-07-30 22:28 | アート・文化


<< 八戸三社大祭 やっと継りました。 >>