臨泉会 パフォーマンス

朝、目を覚ました時の静けさ。
その静けさで、「おやっ!、雪が積もった?! 」っと感じる。
この感覚は、動物的感だろうか。
いくつの頃から この感覚は養われてきたのだろうか。
これは雪国に住む人々にのみ 与えられた本能かもしれない。

今朝は そんな感覚で目を覚まし、和室の内障子を開けた。
10センチには満たないが、真っ白な銀世界が広がっていた。
この静けさ、木々の呼吸をも止め、辺りの騒音をも消してしまうのか。
雪の朝は忙しい、即 跳ね起きた。

今日は、書道の先生の晴れ舞台。
仕事のbaziruだけど、朝の仕事が終わったら駆けつける。
朝の鉛色の空が、青空に変わった。祝福してくれている。

f0330364_13341048.jpg




時間に丁度間に合って会場に・・・ポータルミュージアム「はっち」。
もうすっかり、スタンバイされて もう始まる寸前。
黄色のたすきの方が baziruたちの先生。


f0330364_13341226.jpg




先生から始まりました。
なんか、baziruまで緊張しちゃう。

f0330364_13341577.jpg




最初の筆を置いた時の、墨の跳ねの美しいこと。
感動!!


f0330364_13341768.jpg




そして書き進み、

f0330364_13342025.jpg




「真」という字を書き上げた。

f0330364_13342317.jpg




二人目の先生

f0330364_13342544.jpg




そして、三人目の先生。

f0330364_13342735.jpg





f0330364_13343048.jpg




会場からの盛大な拍手。
素晴らしい 作品が出来上がりました。

f0330364_13343312.jpg




その後も会場では 沢山の先生方のパフォーマンスが
繰り広げられた。

f0330364_13343571.jpg




手よりも大きな筆を 匠に使いこなし書き上げていく
流れるような文字 力強く 美しい

f0330364_1334376.jpg




会場に広がる、墨の香り
外からの日差しの中 無心に白紙に向かう
やはり 書は素晴らしい

仕事の合間の数時間
至福のひとときを過ごせました。


baziruの書の先生 岩澤翠汀先生
先日 文化協会にて芸術文化褒賞を受賞されました。
お若いのに 素晴らしい先生です。

書に興味のある方 一緒に習いませんか
とても楽しい先生ですよ^^

f0330364_13344028.jpg




今年は 良い年になりそうです。









[PR]
by baziruu | 2014-01-20 00:05 | アート・文化


<< 永遠のゼロ あめる >>