ロマンチック街道 ローテンブルク

昨夜の吹雪で今朝は雪景色の八戸
その雪も、午後には溶けてしまいました。

この時期 恒例の雪蛍のイベントが南郷で行われています。
御近所さんと 早速出かけてきました。

f0330364_00110587.jpg


夕闇に浮かぶ 雪あかり
とても素敵でしたよ。
15日も行いますよ。








さてさて、ヨーロッパ旅行も最後の宿泊に
なりました。
ロマンチック街道をバスを直走りしますが
ただ、雪景色。

f0330364_00171847.jpg

お住まいされてるおウチでしょうが、
ほんの一筋の雪歩道があるだけ
だって、広い・ひろすぎ
お隣のおうちには、歩いては遠すぎるかも。


f0330364_00173785.jpg

昼食後は 世界遺産「ヴィース巡礼協会」


f0330364_00175738.jpg

中に入ると・・・。


f0330364_00181962.jpg

目を奪われる程の装飾
白とゴールドとブルーがこんなに
美しく・・・。


f0330364_00190412.jpg

その昔、ある村人がキリスト像の目に涙をみつけ
それから、何度おとずれてもキリスト像の目には涙が
ありました。
村人は、教会の新設を計画。
今の教会が建てられたそうです。


バスが走る、次の目的地
ドイツのバスですが、運転時間が厳しく制限されていて
2時間以上は継続して運転できず、休憩を30分取ること。
ですから、必ずドライブインにて休憩が入ります。
これは、バスのエンジンも切って休憩です。

f0330364_00192886.jpg

こんどのドライブインもトイレは有料
50セントを入れると、バーを動かすことが出来ます。
そして、50セントの商品券が出てきて、ショップで使えます。


f0330364_00194525.jpg


でもね、子供は無料。
ここを通過できる子供は無料です。
おもしろいね。


f0330364_00202005.jpg

ドイツの街並み
赤い屋根、異国情緒がありますね。


f0330364_00203518.jpg

街の教会でしょうか・・・。
ここドイツでも住宅は切妻屋根がほとんどでした。

スイスではシャレー作りと言って、切妻屋根にすることと
地下シェルターを設置が、厳しく決められているそうです

f0330364_00204657.jpg

ドイツ人はお洒落・見せかけにはお金をかけないそうです。
堅実的で、住宅にも最低限に、ただ品質の良いものにはこだわるって。
太陽光も進んでて 屋根にパネルを貼ってエコロジー。
努力家で発明家が多いのもドイツ人。医療も進んでるとか・・・。



f0330364_00205668.jpg

あちらこちらに風力発電が・・・。
真っ先に、原発廃止した国。
エコロジーを特に考えている国。

baziruには、ドイツという国が怖い(アウシュビッツのイメージ)
イメージでした。
ところが、今回の旅で違うんだなあ ということが、
少しは理解出来て 好感が湧いてきたような気がします。

そんなこんなで、ヨーロッパ最後のお宿
ローテンブルグに着きました。
ここは、ロマンチック街道の終点にもなります。

f0330364_00210958.jpg

夜の散策
今夜は満月で、夜道も明るく照らしてくれました。
ここは、とても可愛い街で、可愛いショップも沢山あって
とても楽しみにしてたのに、もうショップは締まってました。
翌朝早く 出発の私たちには 買い物は楽しむ時間がありません。
ショック・・・。


f0330364_00212552.jpg

ぶらぶらとさんさくしながら、
食事のレストランに・・・。


f0330364_00221834.jpg

翌朝、霧に包まれたローテンブルク
泊まったホテル 可愛いでしょ^^


f0330364_00220606.jpg

すぐ脇には 十数メートルの城壁がありました。
城壁の上を歩くことも出来たようです。
登ってみたかったわ・・・。

ヨーロッパ、最後の朝
霧に包まれて、最後の旅の出発です。



















[PR]
by baziruu | 2015-02-15 11:27 | 旅行記


<< ヨーロッパの旅も最終日 ドイツ ノイシュバンシュタイン城 >>