カテゴリ:旅行記( 95 )

パリ ルーヴィル美術館 

パリでのお目覚め♪いい気分
外はまだ薄暗い
9時出発に合わせて7時半の朝食

f0330364_23115170.jpg

旅行中のホテルの朝食はすべてビュッフェスタイル

f0330364_23120063.jpg

クロワッサン 美味しかった♪

f0330364_23114169.jpg

baziruの朝食
これにミルクとコーヒーで
ゆっくり頂きました。



f0330364_23123246.jpg
すっかり、夜が明け どん曇り
ドイツのバスらしく ベンツ社のバス


f0330364_23121100.jpg
なんと、ホテルの隣には
ホンダのパリ店
こちらでは ホンダの車に乗ることは
ステータスでもあるんですって・・・。
日本人の私たちにとっては、ちょっぴり自慢。


向かった先は ルーヴィル美術館
f0330364_23125509.jpg
ダビンチコードにも出てきた
逆さピラミッド

ツアーには現地ガイドさんがお二人みえて
2つのグループに分かれて
主な絵画を時間内に見れるように
説明しながら案内してくれました。
f0330364_23130897.jpg
二人のガイドさん
一人は日本人でパリ在住、もう一人の方は
フランス人で日本語堪能の方の二人

日本語堪能といっても、やはり発音が違うので
時々理解出来ない単語ありです。
そこで、baziruたちは 日本人チームに潜り込みました。


f0330364_23142289.jpg
美術館の中
不思議な事に 写真はいくら撮ってもOK
日本では考えられない
f0330364_23165832.jpg
なんと素敵な階段
映画のワンシーンのようです。


f0330364_23171784.jpg
そして、天井の装飾

ルーヴィル美術館はその昔
フランス国王の住まい宮殿として建てられたそうです
建物の装飾を拝見するだけでも価値がありますね。


f0330364_23143842.jpg
ミロのヴィーナス
なんとケースに入れられてるわけでもなく
通路に飾られてるって感じ
胸の膨らみがなければ 男性のような顔立ちと太い首と肉質でした。


f0330364_23164436.jpg

f0330364_23140183.jpg

f0330364_23132122.jpg
教科書などによく出てきた絵画ですね
その絵画たち 目の前で直に見れちゃうんです。


f0330364_23133249.jpg
最後に モナリザの微笑み

もっと大きな絵画かと想像してました。
このモナリザの絵画だけは ガラスで覆われてました。

すっかり美術鑑賞に浸りあっという間に時間。





後ろ髪を引かれる思いで
バスに乗り込み パリ市内を車窓観光
f0330364_23145223.jpg
エッフェル塔
凱旋門・シャンゼリゼ通り 等を見ながら
お昼のレストランへ・・・。


f0330364_23150738.jpg
生まれて初めてのエスカルゴ
バジルオイルの味付けで最高に美味しかった♪
記念に殻を1個 チョイス


f0330364_23152147.jpg
そしてポークのトマトソティー
デザートも美味しかったです。


午後は夕方まで自由行動
このツアーで唯一の自由行動
午前中に車窓から、案内されてましたから
ツアーの皆さんそれぞれに、
シャンゼリゼ通りに買い物に行く人
凱旋門に登りたい人あり
モンマルトルまで、行く人
オルセー美術館に行く人
いろいろでした。


私たち女4人は
噂のスリの多い怖いという地下鉄
メトロにどうしても乗りたいという一人に
おされて、地下に・・・。
f0330364_23161764.jpg
メトロ地下鉄駅の入口看板
薄暗い中を降りていくと、駅が・・・。

f0330364_23163164.jpg
おぉ~! 満員電車。
これをやり過ごし次の電車に乗りました。
まわりの異人が 皆怖い。
・・・って、思うのは私だけかしら。

って、事で次の目的地に向かいましたよ。

今回のフランス・パリの旅
観光地は何処に行っても並ぶことなく
ガラ空き。

パリ新聞社のあの事件があった後なので
渡航のキャンセルが多かったそうです。
現地ガイドさんも、長年ガイドをしてるけど
こんなに空いて 絵画を自由に真正面から見れるなんて
ありえなかった と話してました。

運が良かったのか
ちょっと、複雑な心境でした。














[PR]
by baziruu | 2015-02-08 00:43 | 旅行記

無事戻りました。

本日(2月6日)夕方、無事自宅に戻りました。
今回のツアーの旅、旅仲間女4人で参加
フランス・スイス・リヒテンシュタイン・ドイツの
4ヶ国 周遊の旅。途中オーストリアの地もバスは走りましたよ。
この5ヶ国をどのように移動しても 入国・出国手続きが
無いのが、とても不思議でした。

島国の日本では考えられないことですね。
baziruとしては、パスポートに沢山の国々の出入印が
欲しかったけど・・・笑。

今回の旅、ヨーロッパ滞在は8日間。
そして本州の端っこに住むbaziruたちは成田と羽田に
前後1泊、三沢発着11日間の旅になりました。
全行程 食事の心配もせず、空港間のリムジンバスチケット
帰りの成田から自宅にスーツケースの輸送チケット
旅行保険、燃料チャージジャー料、全てで29万円。
とても、格安の旅を楽しんできました。
旅行会社は ○急○通 とてもお勧めですよ^^。



今回の旅は すべて日本航空 JAL。
とても安心・快適な空の旅でした。

f0330364_00130104.jpg

三沢からは 小型飛行機で・・・。

f0330364_00132501.jpg

曇り空でしたから、広がる雲海。



f0330364_00134069.jpg

そして、夕焼けとともに 富士山が雲の上に顔を出しました。
この日は、成田のホテルに泊まり、最後の日本食を仲間で盛り上がりました。


f0330364_00141827.jpg

翌日、手続きを済ませ いよいよフランスに向けて出発です。
乗り込む飛行機も やっぱり日本航空。

f0330364_00143913.jpg

機内食が2回と間に 軽食が出ました。
味噌汁もついて美味しかったです。


f0330364_00150778.jpg

クラムチャウダーには ホタテの稚貝が入っていて
とても美味しかったです。
さすが、日本航空。

f0330364_00154114.jpg

13時間のフライトで ようやく
夜のパリ シャルル・ド・ゴール空港に到着です。

f0330364_00160831.jpg


f0330364_00175267.jpg

今夜の宿は
パリ20区の カンパニールホテル

f0330364_00163478.jpg

現地時間 夜10時頃に到着。
室内はシンプルでこじんまり 
この色合い なんともヨーロッパ調ですね。


f0330364_00170244.jpg

湯沸しポットと ティ・コーヒーを
置いてくれたのが嬉しかった^^。

さて、シャワーをあびて飛行機の疲れを癒して
ゆっくり休みます。

明日から・・・楽しみ♪ 
うきうきの私たちでした。

今回のツアー 総勢39名
なんと 多すぎる・・・。






[PR]
by baziruu | 2015-02-07 00:47 | 旅行記

太平洋フェリー


今日は、朝から一日中、雨降り。
雪が積もるより いいのか 悪いのか・・・。

これで夜に 冷え込んだら 路面凍結。
天気予報では さほど冷え込まないようですが
それでも朝方は、マイナスになるでしょうから
早朝の車での出勤の方は お気の毒です。

昨日は ちょっと用事があって 車で遠出。
いつもの調子で、山道を抜けようとしたら
結構雪がありました。
八戸は、ほとんどないので 安心していたのですが。

f0330364_21245845.jpg


道端の小枝に雪が凍りつき、とても綺麗でした。


f0330364_21251357.jpg


小正月に造る、雪餅の飾りもこんな感じですね。




12月3日 京都旅行最終記

京都旅行の帰りはフェリーにしました。
もう1週間も前になるんですね。早いなぁ~。
もう少し、余韻に浸りたい気もするけど
現実に引き戻されています。
師走ですものね。

太平洋フェリー 名古屋から仙台まで乗りました。
なんと19時出港で 翌日の夕方16時に仙台港着です。
まあ、急ぐ旅でもなし のんびり船旅を楽しみました。

フェリーとはいっても 船内はオシャレでホテルのようでした。

f0330364_21363687.jpg


5階6階7階をつなぐ階段です。




f0330364_21343635.jpg

出航前の夜の甲板


乗船してすぐ、夕食にレストランに
食事はバイキングで お寿司ありステーキありで
美味しかったです。


f0330364_21465431.jpg


食事のあとは、ステージでジャズ演奏。
船旅をしていることを つい忘れています。

夜はゆっくり大浴場で疲れを癒し、ご就寝。
でも、やっぱりゴンゴンという音はしてましたね。
 

f0330364_21354566.jpg


朝、甲板から朝日を拝みました。


f0330364_21513263.jpg


海を眺めながらの 朝食バイキング。

 

f0330364_21355610.jpg
  

f0330364_21360646.jpg


とても天気が良く、甲板でもゆっくり出来ました。


f0330364_21534655.jpg


f0330364_21540586.jpg


ロビーでは、ゆっくり海を眺めながら お茶したり
映画観賞出来る お部屋があったり

f0330364_21562564.jpg


今の現在地を示す画面です。
福島沖 このあたりから天気が崩れてきました。
友人の情報では 八戸は雪の話も聞こえてましたから・・・。

それでも予定通りフェリーは到着 
優雅な船旅 また行きたいな。
 

・・・・よし、来年 又行こうかな・・・・
なんて、考えてるbaziruでした。

















[PR]
by baziruu | 2014-12-11 22:01 | 旅行記

京都 東福寺


今日も気温は低いのですが、青空が綺麗です。
報道では青森・弘前では時折吹雪いているようです。
同じ県内でも太平洋側と日本海側では、全く違ってて
ここ八戸では助かっています。

いよいよ明日は、市内の公民館で布草履の講習会です。
今回は11名ということで、準備を終えました。


f0330364_21032471.jpg

明日は忙しい・・・頑張らなくっちゃ。




京都の紅葉見物も終わりに差し掛かりました。
最後に訪れたのは 平安神宮と 東福寺 でした。

f0330364_21060439.jpg



f0330364_21053623.jpg




f0330364_21070867.jpg




f0330364_21075912.jpg




f0330364_21082710.jpg



f0330364_21092925.jpg



f0330364_21091767.jpg

やはりこの庭園には 和服姿が似合いますね。





f0330364_21095113.jpg

東福寺 本堂

f0330364_21094039.jpg

現存する中で 最古に作られ 最大な山門です。












[PR]
by baziruu | 2014-12-08 21:20 | 旅行記

京都 嵯峨嵐山 天龍寺

今日は、朝から青空の一日でした。
旅行から帰宅して 久しぶりのウォーキング。
8500歩のウォーキングでした。
雪の上を歩くって 気持ちいいですね。




12月 2日
京都の旅 嵯峨嵐山 天龍寺
f0330364_21203639.jpg

渡月橋  
美しい橋 いつかこの目でみてみたいと願ってた橋
数年前に台風で氾濫し、この橋までも水嵩が増した報道を
思い起こします。


f0330364_21261880.jpg

橋の上では 花嫁花婿が・・・。
お似合いのカップルでした。



f0330364_21315007.jpg

天龍寺



f0330364_21335382.jpg




f0330364_21330436.jpg



f0330364_21364589.jpg


f0330364_21372490.jpg



f0330364_21381756.jpg

竹林
ここも 来てみたかったところ
ときおり吹く風にカラカラといい音がする
別世界に入り込んだ様な気分



f0330364_21432260.jpg

帰り道 
ぜんざいとお抹茶を頂き一休み





f0330364_21451530.jpg

ここでも、お地蔵さんに癒されました









[PR]
by baziruu | 2014-12-07 21:51 | 旅行記

京都 夜の清水寺

久しぶりに青空の八戸です。
青空の朝はとても冷え込みます。
風除室のお花が凍ってました。
復活出来るか心配です。


12月、街にはイルミネーションが
輝き始めました。

f0330364_09463709.jpg

先日、十和田まで出掛けてきました。
アートステーションのイルミです。


f0330364_09471483.jpg

ふふ^^・・イルミで遊んでみました。


f0330364_09475849.jpg

外は小雪が舞って 寒い夜でした。




12月1日  夜の清水寺

f0330364_09501005.jpg

ライトアップされた三重塔


f0330364_09504710.jpg

向こう側は 清水の舞台

f0330364_09513062.jpg

f0330364_09520069.jpg


f0330364_09523864.jpg

宿は京都駅の近くでしたから
京都タワーに上がってみました。
市内が一望でき、遠くまで輝いてました。










[PR]
by baziruu | 2014-12-07 10:01 | 旅行記

京都 南禅寺

旅から帰宅の前日に、積雪があったようです。
そして、昨日の朝も少し積もりました。

f0330364_09060015.jpg

御近所さんから柿の枝を頂き、
我が家のヤマボウシの木にブラ下げました。
その柿も雪帽子をかぶりました。
早く渋が抜けないかな~♪


f0330364_09061091.jpg

ブルーベリーの残り葉にも雪が・・・。
紅白で いい感じ^^。


京都旅行 南禅寺 12月1日

f0330364_09092825.jpg



f0330364_09094260.jpg

真っ赤な紅葉もいいけど、
淡い紅葉もいいかも。


f0330364_09091100.jpg

うふっ!  浮いてる!!



f0330364_09100007.jpg



f0330364_09112605.jpg



f0330364_09120320.jpg



f0330364_09101939.jpg

庭園を眺めながら、お茶が楽しめたようです。
私も頂きたかったわ~。


f0330364_09110357.jpg

南禅寺山門
「絶景かな!」
と発するほど紅葉は残っていませんでしたが
紅葉の絨毯に 酔いしれてきました。


f0330364_09104025.jpg

寺院とは、全く違う雰囲気。
中世のヨーロッパを思わせるような水路
琵琶湖から京都まで、大切な水を運び活用されてます。


f0330364_09124247.jpg

モミジのベレー帽を被ったお地蔵さん














[PR]
by baziruu | 2014-12-06 10:00 | 旅行記

京都 永観堂 

京都の旅 三千院の次に訪れたのは
永観堂 禅林寺

「永観 遅し」
ふりかえりざま、その方は、まっすぐ永観の眼を見つめられた。
永観堂禅林寺のご本尊は、首を左にかしげ、ふりむいておられます。
ほんの少し開かれたお口。
お顔全体にただよう穏やかな微笑み。
それは遠い昔、永観律師を励まされた時のまま。
阿弥陀さまの慈悲のかたちがこれほど具体的にあらわされて
いる佛さまは例がなく「みかえり阿弥陀」と呼ばれ、
広く知られています。


ご本尊の阿弥陀さま、拝観してきました。
正面からはお顔が見えず
左側からの拝観でお参りしてきました。

f0330364_09512534.jpg

お庭の緑が美しく、残った紅葉がさらに際立ってました。



f0330364_09513958.jpg

庭石に舞い降りたモミジも
先程までの小雨に濡れ輝いてました。




f0330364_09515288.jpg


f0330364_09520363.jpg

唐門前の盛砂
天皇の使いの勅使はこの盛砂を踏んで
身を清めたそうです。




f0330364_09522001.jpg

沢山のお堂をつなぐ道々
紅葉の落ち葉で 彩られてました。
風情がありますね。


f0330364_09523578.jpg

f0330364_09525983.jpg

やすらぎ観音


f0330364_09533040.jpg

f0330364_09540148.jpg


f0330364_10090256.jpg

ここ永観堂でも しっとりとした佇まいを
拝観することが出来ました。










[PR]
by baziruu | 2014-12-05 10:29 | 旅行記

京都・大原三千院

すこしの間、旅に出てました。
京都、baziruにとっては3度目の京都。
一度目は高校の修学旅行、そして2度目は5年前。
そして今回、初めて訪れる寺院ばかり。


12月1日
大原三千院

f0330364_10050480.jpg


時々降る小雨が、
しっとりと素敵な佇まいを見せてくれました。


f0330364_10044763.jpg


客殿から望む聚碧園




f0330364_10051753.jpg


前日の大雨で、
沢山の紅葉は苔に色を添えてました。



f0330364_10053498.jpg


樹立する杉木立の下は
苔の大海原、緑がとても美しかった。


f0330364_10061075.jpg


苔の中、うずくまるように
わらべ地蔵に癒されました。


f0330364_10062802.jpg


f0330364_10075319.jpg


f0330364_10055082.jpg


指しゃぶりしてるとおもったら、
違いました。



f0330364_10073487.jpg


紅葉の1葉がとても小さく
京都の紅葉は、趣がありますね。



f0330364_10070964.jpg


参道には桜も咲いてましたよ。



f0330364_10072074.jpg


この時期の桜、嬉しいですね。



f0330364_10065009.jpg


今年は例年より、若干早めの紅葉だったようです。
それでも、充分楽しめました。












[PR]
by baziruu | 2014-12-04 10:56 | 旅行記

秋田の旅 西明寺栗

今朝は冷え込みましたね。
お布団から出るのに、勇気がいります。
外は青空良い天気です。
やはり、こんな日は朝が寒い。

f0330364_21351899.jpg

向かいのケヤキの木が色付いてきました。


f0330364_21384269.jpg

風除室に取り込んだホットリップスが可愛い彩りになりました。
春から秋まで長い期間咲く花です。
夏の間は真っ赤に色付き、涼しくなった今頃はこのように
ツートンに 寒くなると真っ白に変わってしまいます。
このツートンの時期の花が、一番好きです。




10月12日 秋田への旅。
秋田 二日目の国民文化祭は田沢湖畔のわらび劇場で
開催された「青少年東北民俗芸能の祭典」を観賞に 湯沢から移動しました。
baziruには はじめてのわらび劇場。

f0330364_22091147.jpg

とても立派な劇場に驚きました。
人口の密集する市内地に建っているのならわかりますが、
田沢湖畔に近く、人口はほとんど 遠くなのに・・・。


f0330364_22143314.jpg


f0330364_22145630.jpg


f0330364_22141385.jpg

東北各地から集まった子供たち 
幼い子も一緒に伝統ある芸能に取り組み
立派に披露してくれました。

特に3年前の震災で、壊滅的被害を受けた太平洋側各地から
めざましい動きで復活してきた子供達。
震災からの経緯話を聞いているうちに、涙にあふれました。




感動の子供たちの祭典を観賞して満足のわたしたち。
あとは、春に訪れたカタクリの里の栗をぜひ食べたいと
「カタクリ館」に立ち寄りました。

ところが・・・
「ありません。今日の分は売り切れです」と、冷たい返事。
何処に行けば買えますか?・・・と、私たち
「西明寺栗はここでしか扱いません」と、さらに冷たい返事。
でも、八戸からわざわざ来たのでなんとかなりませんか?
朝早いとあるの?
「まだ、拾いきれてないので・・・。いつになるかは・・・。」
じゃあ、行って拾ってあげるよ。
「だめです。クマがでますから・・・。」

ああだ、こうだ・・と、事務員さんと言い合いましたが
どうも、納得がいかない。
「かたくり館」は休日だというのに、観光客一人もいない。
その中に、事務員二人・・・なんと、無駄な・・・。

そのまま、裏山に向かいたい気持ちを抑えて
仕方なく帰路に向かいました。
どうも、腹がたってしょうがない。
役場にクレームしようか・・・など、友人と話しながら・・・。

そこで、見つけた「西明寺栗」のノボリ。

f0330364_22395554.jpg

もしかして・・・と、バックして入ってみたら
なんとまあ、素敵なお店。
ガーデンカフェ・デリカ Kimoto

f0330364_23095540.jpg


西明寺栗のマロンケーキ

f0330364_23112559.jpg


こんな綺麗な巻き寿司
栗ごはんを食べたくて、昼食を軽くしていた私たちには
なんと、ラッキー!


さらにそのこお店のオーナーが教えてくれました。
西明寺栗を売ってる場所。

田舎道をまわりくねって、やっとたどり着いた。
栗林の持ち主の直売所。

f0330364_22431487.jpg


早い時間なら 栗拾いも出来る。
なんとまあ・・・。
あの「カタクリ館」の事務員たち・・・もう!怒り爆発!!


f0330364_22475451.jpg

わぁ~! 大きな栗が山盛り・・・。


f0330364_22473427.jpg

そこでは、大きさを選別してネット詰めを
しているところでした。

やっと、栗を購入出来ました♪
春からの念願がやっと 叶いました~♪♪






[PR]
by baziruu | 2014-10-16 22:52 | 旅行記