カテゴリ:地元の観光地( 33 )

三陸鉄道 なもみ

昨日の小雨は夕方からの冷え込みで 湿った雪に変わりました。
南岸低気圧の再来で 八戸の朝は積雪で始まりました。
湿った重い雪 積雪20センチ程ですが 重い・重い。
それでも、昼頃には太陽も顔を出し いつしか雪もなくなりました。

昨日の三陸鉄道「こたつ列車」のもう一つのお楽しみ
トンネルに入ると 車内の灯りが消され ガタガタと音を立てて
車内に入ってくる「なもみ」

f0330364_13432710.jpg




片手に包丁を振り上げ、もう片方には麻袋を持ち


f0330364_13433278.jpg




小さい子は 驚き逃げ惑いお母さんに抱きつく。
中には泣き出す子もいる。



f0330364_13433543.jpg








ひとしきり大声をあげながら車内をめぐると
怖いお面を外してくれた。
なんと、やさしそうなお爺ちゃん。

何年もボランテアで行っているそうだ。
「なもみ」の意味を聞いてみた。

「なもみ」とは 冬にコタツや囲炉裏に当たって出来る火型。
手足に出来る火型は 冬の間仕事もせずに 火にばかり当たって
いると出来る。その火型を切り取って 麻袋入れる。
要は なまけるな。・・・ということらしい。
今でも小正月に 地元地域では行われている行事だそうです。

f0330364_1343385.jpg


こたつ列車 乗車証明書を頂きました。


f0330364_13434198.jpg




久慈ー田野畑 間 往復 ¥1500
こたつ列車の指定席 往復 ¥600





¥2100で充分楽しめました。









[PR]
by baziruu | 2014-03-31 22:39 | 地元の観光地

三陸鉄道 こたつ列車

いつかは乗ってみたいと、考えていた「こたつ列車」
3・11で全線の殆どが 津波で破壊された三陸鉄道。
その1年後に 久慈 田野畑間が復旧。
あまちゃんの放映などで 観光に訪れる方が大幅に増え
人気の三陸鉄道。

冬期間の「こたつ列車」は週末と祭日のみで3月いっぱい。
最終日の今日、やっと乗ることが出来ました。
ひと月前からの予約で、公休日の定まらないbaziru。
やっと、予約が取ることが出来ました。

今日はお天気がイマイチでしたが、電車の旅ですから
外を歩くこともせずに のんびり楽しんできました。
八戸から2時間 八戸線を全線乗ったのは初めてでした。


f0330364_13425816.jpg



三陸鉄道の玄関口 久慈駅です。




f0330364_1343038.jpg



駅前には歓迎ののぼりが・・・・。


f0330364_134334.jpg



三陸鉄道の電車です。
桜の開花も待ち遠しいですね。



f0330364_1343572.jpg



こたつ列車 車両ですが、次々とバックに写真に収まる
方が多くなかなか空きません。







f0330364_1343840.jpg




f0330364_13431154.jpg




f0330364_13431415.jpg





こたつ列車の中は こんな感じ。
こたつは堀こたつになっていました。
こたつの上には 南部せんべい。

f0330364_13431699.jpg



電車の中では あまちゃん扮する販売で駅弁が
売られてました。

f0330364_13431871.jpg










 
f0330364_13432146.jpg


私たちは予約していた、お弁当を・・・

f0330364_13432311.jpg




開くと・・・あわび・うに・いくら・・・^^
いくらは プリプリで 美味しかった♪






















[PR]
by baziruu | 2014-03-30 21:21 | 地元の観光地

種差海岸の福寿草

朝から青空がいっぱいで とても気持ちいい。
気温も、なんと12度の予報。
窓の外の木の枝が揺れてて 風が強いのかな。



こんな天気の時は 外に出かけたいよね。
あたたかいようなので 海に行ってみようかな。
種差海岸で福寿草が咲いたとの情報もあったしね。



行く先々、先日の雪がどのくらい残っているのか
不安でしたが・・・・。



f0330364_13424123.jpg



f0330364_13424387.jpg



気温の上昇で水も温み、海岸では漁師さんがフノリ取り


f0330364_13424611.jpg



所々にまだ雪は残ってはいましたが、歩くには大丈夫。



ここは 昨年 三陸復興国立公園に指定された種差海岸。
もうじき ここは一面の芝生で覆い尽くされます。
海岸付近まで、このように広い芝生で覆われているところは
全国でも数少ないそうです。





f0330364_13424882.jpg



芝生をはさんで、県道1号線の向かい側。
昨年までは、駐車場でしたが 今では国立公園に指定
されたこともあって 休憩所が建設中で 重機が忙しそうに
動いてました。



朝は風があったようですが、今はとても温かで
防寒具無しで 芝生を散策出来ました。



あった、あった・・・baziruのお目当て



f0330364_13425016.jpg







福寿草です。
八戸にもやっと春が来ましたね。
咲き始めの福寿草。
土から蕾のみを出して幸福の花を付ける。



f0330364_13425396.jpg



先日の大雪にも負けずに、雪の中から しっかりと
咲き誇ってました。



f0330364_13425583.jpg



これから、春に向けて いろんな花たちが咲きますね。



とても楽しみなbaziruです。

















[PR]
by baziruu | 2014-03-24 21:40 | 地元の観光地

八甲田 モンスター

全国的に晴れマーク
公休日のbaziruは、「もう今日しかないかも」
・・・ということで、八甲田のモンスター撮影挑戦。



3月も末になると 雪の回廊も開通しますが、
その頃には 気温も上がり 雪も溶け始め
モンスターも溶けてしまいます。



f0330364_13412853.jpg



今朝の山並み
青空に映えて、美しい



f0330364_13413114.jpg



ところが、向かう八甲田ロープウェー方向は・・・
山は見えてますが、向こう側は雲に覆われてます。



気にしながらも、期待感イッパイで向かいました。
ロープウエー乗り場に着くと どん曇り。
折角来たのだから、ロープウェーに乗り込みました。



f0330364_13413499.jpg



中腹の木々
ダケカンバと青森トドマツが入り混じり。
ダケカンバは霧氷に覆われて、とても美しく。



f0330364_13413620.jpg



頂上に着くと・・・わぁお~!
雪の洞窟みたい。

ロープウエーの乗客の殆どは、ボーダーにスキーヤー。



f0330364_13413929.jpg





f0330364_13414319.jpg









駅の外は・・・ガスで殆ど見えません。残念!
あの麓から見えた雲に覆われてしまいました。
でも、風は弱かったので、歩きまわる事が出来ました。



f0330364_13414563.jpg





微かに見えるモンスター
天気が良ければ、素晴らしいモンスターが
見えたとおもいます。



f0330364_13414849.jpg



モンスターも苦笑い^^



f0330364_1341507.jpg



モンスターのウロコ(別名:エビのしっぽ)
モンスターはこのように綺麗な雪の結晶で覆われてます。
エビのしっぽに似てるでしょう。



f0330364_13415241.jpg



ガスの中でしたが、沢山の観光客の方々もみえてました。
東京から来られているようで、残念がってましたよ。



f0330364_1341553.jpg



f0330364_1341573.jpg



帰りのロープウェーから モンスターが見えました。

f0330364_13415953.jpg







山頂は雲に覆われてましたが、中腹あたりから
視界が晴れて、見え始めました。



f0330364_1342270.jpg



だんだん下に下がるに連れて、モンスターは溶けて
崩れてました。



f0330364_1342427.jpg






f0330364_1342664.jpg







そして、ダケカンバの霧氷
頂上は残念でしたが、ロープウェーからは
充分に楽しむ事ができた一日でした。










[PR]
by baziruu | 2014-03-19 21:20 | 地元の観光地

夜越山 洋蘭祭り

暑さ寒さも彼岸まで・・・
昔の人の言い伝えは確かなものです。
彼岸の入りの今日は 気温がグングン上がり13度。



夕方には小雨になりました。
これで 雪解けが一気に進むことでしょう。

昨日の公休日。
町内のお仲間に誘われて、洋蘭祭りに行ってきました。
初めてのbaziruに、毎年のように行ってるお仲間さんは、
今年はいつになく、綺麗と絶賛してました。

開催地は平内町の夜越山森林公園内。
青空で気持ちの良いドライブとなりました。
助手席も 珠にはいいもんです。

f0330364_13405951.jpg




 
f0330364_13405966.jpg


平日というのに、沢山の人。
その合間を撮るって難しい・・・。

f0330364_1341228.jpg




アーチの柱ですが これも欄の一種。

f0330364_134143.jpg



お気に入り投票コーナーもありました。

f0330364_134193.jpg




baziruはこの花が好き。
気品高く、自己主張しない
清楚は感じが好き。






f0330364_13411358.jpg




f0330364_13412180.jpg



胡蝶蘭が多く飾られていたような気がします。
とてもゴージャスではありますが、作り物のような
同一的に整列されて、ちょっと不満かな。

f0330364_13412348.jpg










f0330364_1341268.jpg



お仲間さんとbaziruの誕生蘭。
似合ってるかな・・・似合ってるかも・・・^^。

こうして、一日中 蘭に囲まれて優雅に過ごしました。

蘭祭り 23日まで開催されてます。
興味のある方はぜひ 訪れてくださいね。








[PR]
by baziruu | 2014-03-18 22:25 | 地元の観光地

月夜の八甲田

湯の台の山小屋に集結した私たち
先生のレクチャーを受けて 夕景の山並みを撮りに
再度、外に出かけました。





f0330364_13403918.jpg




ところが、太陽が沈んで行く方向には雲が立ち込め
真っ赤な夕景にはほどとおい情景でした。

太陽が沈むと同時に、東側には月が

f0330364_13404280.jpg




夕日に赤く染まった雲の上に、小さな真珠。




満月に1日前の月。
それでも十分にまん丸、今にも弾みそうな月でした。

f0330364_13404499.jpg





月にもウサギさんが、そしてこちらにも人間ウサギ^^。


辺りがだんだん薄暗くなると、月が輝き始めました。
f0330364_13404696.jpg



左下が幾分削れてます。

それでも、月明かりは充分です。


f0330364_13404982.jpg




月明かりに照らされた山並み。

f0330364_13405123.jpg





人間の目には薄ぼんやりとしか見えない山並みも
カメラのレンズはしっかりと、とらえてました。

f0330364_13405345.jpg



星も輝きはじめました。
月空の八甲田 風も無くとても楽しい時間でした。















[PR]
by baziruu | 2014-03-17 23:05 | 地元の観光地

八甲田 湯の台




満月に1日前でしたが、15日に八甲田に行ってきました。
前回の星空撮影と同様 焼山から雪上車で湯の台まで登りました。



前回は固雪で スノーシューは無くてよかったのですが
今回は2~3日前からの新雪が降り積もり スノーシューなしでは
膝まで雪に食い込んでしまいました。



f0330364_13401549.jpg






3時過ぎに到着
一番乗りです^^
早速 スノーシューを履いて 散策
あはは 足跡が・・・雪男のよう^^



f0330364_13402026.jpg



南東の十和田市内方面
雲がふわふわと 気持ちよさそうです



f0330364_13402341.jpg





そして西側
雄大な大岳がそびえてます。
まもなく 夕焼けが・・・見えるかな。


f0330364_13402526.jpg





ピストン輸送してくれる 雪上車
この日は 3回往復してくれました。



f0330364_13402727.jpg



雪面が凍りつき 輝きいろいろな文様を見せてくれます。


f0330364_13402762.jpg



どこまでも続く雪原



f0330364_13403068.jpg



青空と白い雲 そして雪原



f0330364_13403497.jpg


f0330364_13403463.jpg



全員集合で 一旦小屋に入って 先生のレクチャー
小屋の外には スキー板ではなく 三脚の列^^



さあて、これからどんなドラマが始まることでしょう。
楽しみ 楽しみ・・・。
















[PR]
by baziruu | 2014-03-16 23:18 | 地元の観光地

新月の星空

雪上車で登った 八甲田湯の台。
この時期に この湯の台を訪れるのは初めてのbaziru。
とても心踊りました。

f0330364_13384316.jpg





朝には遥か遠くから眺めた八甲田でしたが
すぐ目の前に雄大なその姿がありました。
山には雲がかかっておりますが、真上は青空。
早速 夕焼けを楽しみに 皆でカメラを構えました。
足跡一つない、雪原を歩き、時々ズボッと足が
雪の中に入り込みながら、雪と楽しみながら
準備をしましたよ。

f0330364_13384591.jpg



やがて日が沈み・・・う~ん、焼けないかな・・・残念。


f0330364_13384770.jpg



それでも雪原はブルーに変わり、ほんのり焼けた夕景が
雪原を照らし始めました。





湯の台に登ったのは総勢19名 
私たちの為に夕食部隊もいらして
山小屋で 豚汁を作ってくださいました。

外で、夕景にチャレンジしてる間に 山小屋では
暖かい うどん入り豚汁が用意されてました。
夜が更けるまで 山小屋で暖をとりながら
会話が弾みました。

そして、7時過ぎ 外に出てみると・・・
なんと感動的な星空。
おもわず「わー、きれい!」と空を仰ぎ見た。

f0330364_13385080.jpg

クリックして拡大してみてね^^
f0330364_13385298.jpg




初めての星空撮影 沢山の星 みえますか?
凄いでしょう^^
皆に見せたいくらいでしたよ。

f0330364_13385487.jpg





北極星と北斗七星

f0330364_13385759.jpg



オリオンも美しく輝いてました。

楽しい時間もあっと過ぎ、9時には約束の雪上車が
迎えにきてくれて 山をおりたのでした。

とても、楽しい雪山星空撮影会でした。




 


[PR]
by baziruu | 2014-03-04 21:37 | 地元の観光地

新月




3月1日
とても天気の良い一日でした。

f0330364_13381555.jpg


朝から風もなく、工場地帯の煙も青空にまっしぐら。


f0330364_13381750.jpg




八甲田の山並みも 美しくその姿を現しました。


3月1日は新月。
夜の星空を仰ぎ見るには、最高の日。
その星空を、雪の八甲田の中腹でカメラに収める会が催されました。

午後3時 焼山に集合して、いざ出発。
除雪されていない雪山では 雪上車が大活躍。

f0330364_13382041.jpg



雪上車に乗れることだけでも、とても楽しみなbaziru。
真新しいイギリス製の雪上車。10人程で満杯の為
2往復してくれました。


f0330364_13382353.jpg









どんな傾斜でもグングン登っていきます。

f0330364_13382556.jpg



スキー場の脇も通り抜け 進んでいきます。
皆、大興奮!!。


f0330364_1338252.jpg


そして、中腹 湯の台に到着。
ここには 山小屋もあり 泊まり組はここに泊まります。
baziruは翌日仕事なので 真夜中に帰る組。

f0330364_13382749.jpg




f0330364_13383165.jpg




さてさて、これからどんなドラマが始まるかしら・・・楽しみ^^













 















[PR]
by baziruu | 2014-03-03 22:32 | 地元の観光地

また えんぶり




やっと、国道・県道は除雪され路面が出てきて
車走行しやすくなりました。
1本中住宅街に入ると、まだまだ凸凹。

仕事でバスに乗ってると、揺れがひどくて
利用者さんが転げるのではと、ハラハラしちゃいます。
今週は気温が上がりそうなので、雪がとけるといいな。

f0330364_13373776.jpg




f0330364_13373980.jpg




f0330364_13374271.jpg





f0330364_13374468.jpg





f0330364_13374772.jpg





f0330364_13374999.jpg






f0330364_13374985.jpg


f0330364_13375124.jpg




えんぶり期間中、
根城城址でえんぶり撮影会が開催されました。

子供たちが主役の祝福芸、つぎつぎと催されました。
出番を待つ子供達も勢ぞろいして、寒さの中、微動だもせず
なんとも頭が下がります。

今年は、大雪とぶつかり観光の方も乗り物の不通などもあり
来られなかった方も多かったと聞いております。
来年は是非・ぜひ・・・いらしてくださいね。


























[PR]
by baziruu | 2014-02-23 22:46 | 地元の観光地