<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

廃油で石鹸作り

家庭で出る廃油を有効活用しよう
・・・ということで、町内の婦人部で
石鹸作りをすることにしました。

皆さんは廃油をどうされてますか?
baziruは、天麩羅・フライは極力作らないので
廃油は全く無し・・・・^^;
ご近所さんは、なんとかという固めるヤツで
固めてゴミに・・・とか。
新聞紙に浸み込ませて捨てる・・・とか。

この廃棄に困る廃油で石鹸が作れるとは
それも、汚れ落ちが最高らしい。

f0330364_2239346.jpg




持ち寄った廃油です
なんでも、汚れきった油の方が固まりやすく
出来上がりが早いらしいです。

そこで、施設の給食のお仕事をしている方に
お願いして 廃油を採っておいていただきました。



f0330364_2239679.jpg




まず最初に 苛性ソーダを計ります
そして、苛性ソーダを水に溶かします。

そこで、大事件が起きました。
用意するもの 「ステンレスボール」と、通達しましたが
中には アルミボールを持参された方がいて・・・



f0330364_2239858.jpg




水を入れたとたん、科学反応でブクブクと沸騰し
湯煙を出しはじめました。

室内でなく外で作ってましたから、良かったものの
そのまま外部に放置

f0330364_22391034.jpg




最後には、こんな姿に・・・・。
怖い怖い・・・

先日、都内の地下鉄でアルミ缶が破裂した事件
業務用の洗剤を入れた、ということでしたが
きっと、このような科学反応を起こした結果
だったんでしょうね。

f0330364_22391373.jpg




はい、気を取り直して
苛性ソーダ水に 廃油をかき混ぜながら
入れていきます。

じょじょに とろみがついてきました。
それでも 乳白にちかづくまで かき混ぜつづけます。



f0330364_22391589.jpg




かき混ぜるのが ちょっと大変でした。

あとは、牛乳パックに流し込み
固まるのを 待ちます。

出来上がりは、2~3週間かな・・・
楽しみ・楽しみ・・・・
靴下などの汚れ落としには最高のようです。

とても、貴重は体験をした一日でした。



















[PR]
by baziruu | 2012-10-29 23:56 | 今日の出来事

港街八戸

ふっと訪れたくなる海。

岩に打ち砕ける波の海もいいのですが
今日のbaziruは漁船のうかぶ、岸壁がお気に入り
青い海と青い空、そして真っ白な漁船。
しばらく眺めてました。

f0330364_11273388.jpg




f0330364_11273647.jpg





入り江の漁船たち
静かな朝を迎えました。

ちょっとお腹がすいてきました。
市場の中を覗いて、遅い朝食。

f0330364_11273873.jpg





ここは、市場の中の食事コーナー。
市場で食べたいおかずを買うもよし。
あとは、ここでごはんと汁を購入して食べられる。
観光客らしき人たちが、思い思いの食材を
広げて食べている。
やはり、うににお刺身・焼き魚がメイン。

f0330364_1127406.jpg





早速、baziruもごはんに汁。
今日はカニ汁。カニの出しが利いてて美味しかった。
あとは、お刺身とイカのうに和え。
イカのうに和え、美味しかった♪

f0330364_11274364.jpg




カニ汁 完食!
    
ご馳走様でした。



f0330364_11274581.jpg




帰り道、ススキが太陽に照らされて
輝いてました。

















[PR]
by baziruu | 2012-10-21 22:56 | 港街八戸

秋の味覚2

日中も気温の上がらない一日でした。
こんな時に困るのが、着る物。
朝の出勤時は冷え込むので、厚着をしたいし
お仕事中は動くと暑くなるし・・・・。
それでも、利用者宅前で待つ時は、風が冷たい。
そんな季節がやってきました。
風邪をひかない様にしなくっちゃ・・・。

秋の味覚2
うふ!・・・食べ物の話、いいですね。
この時期かかせないのは、菊の花のお浸し。
今年も、春先に近所の方から苗を頂いて植えましたよ。
今年は従兄弟の畑に植えました。
食用菊も種類があって、早咲き物はとっくに出回ってますが
まだ甘みが無くて、baziruの好みではありません。

昔ながらの主力の食用菊「阿房宮」はまだ蕾ですが
それより少し早く咲く品種が今が盛り。 

f0330364_11272450.jpg




これは、従兄弟が植えている食用菊ですが、
ご相伴にあずかりました。

baziruの「阿房宮」は・・・・

f0330364_11272621.jpg




まだこんな感じです。
あと、1週間かな・・・楽しみ。
秦の宮廷の名を頂いた「阿房宮」その歴史は古く
ここ南部地方では伝統の食品です。

早速・・・

f0330364_11272817.jpg




はなびらをむしって・・・・

f0330364_1127317.jpg




お浸しに・・・
美味い!
このシャキシャキ感がいいんですよね。
まだほんの少しほろ苦味が・・・。
甘みも充分です。

寒くなってきました。
風邪などひかれませんように・・・・。















[PR]
by baziruu | 2012-10-19 06:13 | 日記・エッセイ・コラム

味覚の秋

あっという間に、10月も半ばを過ぎてしまいましたね。
今年の秋は短いような・・・。つい先日まで猛暑でしたからね。
木々の色付きを楽しむのも、そう長くは続かないかも。
もうじき寒い冬が・・・・。なんて考えると、気分が暗くなりそう。

今の時期を楽しまなくてはね。
秋は食欲の秋。
裏山道を歩くと、道々に栗が転がり つい栗ひろいを
楽しんでしまいます。
りんご畑は、そろそろ主力品種のふじが色付き初めています。
裏山の野道を歩く楽しみが増えました。

帰り道、近所の方に呼び止められ
秋の香りを頂きました。

f0330364_11271882.jpg




くろシメジ ハタケシメジともいうらしい。
ご近所さん宅の周りに 生えてくるんですって。
大きな株になって生えるとか 見てみたいものです。
今度は見せてもらう事にしました。

baziruは初めて食します。
食べ方も聞いて・・・早速つくりました。

f0330364_11272186.jpg



にんじん・ごぼうも沢山入れて鳥汁。
シャキシャキした歯ごたえのあるきのこで 美味しかった。

歯ごたえのあるきのこだから、オイル炒めでも美味しいかも
明日は、炒めて塩こしょうで頂きましょう。

秋の味覚、まだまだ楽しめそうです。



[PR]
by baziruu | 2012-10-17 22:11 | 今日の出来事

八甲田の紅葉

久しぶりに、予定無しの公休日。
前日までは雨模様の天気予報でしたが、
朝のごみ出しを終えて、庭掃除を終えた頃から
青空が、そして太陽が出てきました。
ラッキー!

早速、カメラを車に詰め込むと、八甲田山に・・・。
さすがに昼近いので、登山は出来ませんが
紅葉散策ぐらいは出来るかなと。

十和田・奥入瀬はまだまだ緑ですが
八甲田中腹 睡蓮沼・地獄沼・酸ヶ湯あたりは
ちょうど見頃をむかえてました。

f0330364_1127945.jpg





睡蓮沼の紅葉です。
八甲田の峰々です。左側が硫黄岳、真ん中が大岳
そして右側が小岳。小岳の右隣に高田大岳がそびえて
いますが、カメラに収まりません。

今日は、風が強く いつもは湖面に山々が映り込むの
ですが、さざ波がたっていて 残念でした。
それにしても裾野に広がる色取り取りのグラデーションは
見事でした。

今年は、彼岸頃まで猛暑が続きましたから、例年より
紅葉が遅れているような気がします。

f0330364_112711100.jpg




そして、睡蓮沼を過ぎた道路沿い。
今日は平日なので、大変な渋滞もなく
ゆっくり車を止める事も可能で助かりました。

f0330364_11271453.jpg




地獄沼の紅葉です。
ここは硫黄の匂いがたち込め、むこう岸では
地中から湧き出る硫黄の湯気もたっています。

地獄沼の反対側には
「まんじゅうふかし」という看板があり
降りていくと、東屋に板がしかれ、腰掛けて
硫黄の熱で、お尻を暖めるところがあります。

今日は、団体さんがおられて写真は遠慮しました。
その団体さん、言葉が中国系。
観光客不足の中でも 少しづつ回復しているのでしょうか。
少し安堵したbaziruでした。














[PR]
by baziruu | 2012-10-15 23:55 | 青森県内の観光地

秋も深まり

朝の目覚め時、外は雨。
通勤中も しとしと降り続いたが
利用者さんを迎えに出かける時には
すっかり止み、青空に・・・。

女心と秋の空とは よくいったもの。
先日のテレビ報道で、興味深い事を
話していた。
昔むかしは 男心と秋の空と読まれたそうで、
女が不義密通を犯したら、打ち首獄門。
それにくらべ男は・・・・。

日々の忙しさに、余裕もなかったbaziru。
午後の通勤で、すっかり刈り取られた田んぼに
車を止めた。
そうか、もう新米が食べられる。

f0330364_1127121.jpg



ここの田んぼの生産者は毎年このように
稲を自然乾燥の為に、積み上げる。

こちらでは、「にょう」というが、幼い頃はよく
この家のような雰囲気が気に入り、入り込んでは
遊んだ。家に帰る頃は、首筋がチクチクと痒かった。

向こうの田んぼはまだ刈り取りされてなく、残っていた。
このように、気まぐれな秋の空模様では、なかなか
刈り取れないのでしょう。

f0330364_1127378.jpg



通勤途中の家々の周りに、一際華やかな色合いの
コルチカム
葉が無く、花だけを秋に咲かせる習性の花。
花が乏しくなってくる、この時期には異常に目立つ。


f0330364_1127619.jpg
















[PR]
by baziruu | 2012-10-14 01:40 | 今日の出来事

大人のためのお話会

朝から晴れ渡った一日となりました。
公休日のbaziruは、朝の少しの時間で
鉢植えの植え替えを5鉢完了。
まだまだ、植え替えなくてはならないので
少しづつ毎日・・・できるかな・・・。

叔父の葬儀は昼からなので
お話会の本番は、出来ないけど交流会に
顔出しのつもりが・・・。
諸先輩の方々の前で、本番で語るはずだったお話を
語り批評して頂けて嬉しかった。

baziruが所属する会から、転勤移動の為に
埼玉・札幌・盛岡・青森などに移動して
活躍されていらっしゃる先輩方々ですから、
緊張しましたが、南部弁の語り口調のお話は
皆さんに好評でした。・・・ありがとうございました。
これからの、励みになります。

   

f0330364_11265486.jpg


皆さんが語る出典本も並べられて、準備万端。


f0330364_11265623.jpg


皆さんの成功を祈りながら、会場を後に致しました。
   
  
昼からは、叔父の葬送の儀に出席。
宗派は違えども、厳かに読経が心に響く感覚は
心地いいものがありました。
   
   
こちらの地域では、葬儀・初七日法要を済ませ
納骨まで、当日に行います。
お墓に昨日火葬された、叔父の遺骨を子供・孫たちが
丁寧に埋葬し、無事葬儀は終了いたしました。

     
   
   
baziruが物心付いた頃は、まだ土葬も普通に
行われておりました。
大きな樽をかついで、お墓に向かう 行列を目にした
記憶が微かにあります。
行列の人々は背中の首筋に、白い布をつけてました。

   
   



当時の風習は途絶えてしまいましたが、そういう時も
あった事を語れる人も少なくなりました。
今、少しでも多くのことを父から聞いておこうと思います。

f0330364_11265869.jpg



                             合掌














[PR]
by baziruu | 2012-10-13 01:23 | 語り

お話会

雨が降ったり、太陽が顔をのぞかせたりの一日でした。
叔父が荼毘に付されてる時、ザーっと一雨 木々が緑を濃くしました。
何を語りたかったのでしょう。
真っ白な綺麗な、そして頑丈なお骨でした。
明日は、葬儀に出席します。

予定では、明日は「お話会」の予定でした。
「大人のためのおはなし会」でした。

f0330364_11264699.jpg

残念ながら、baziruは穴をあけてしまいました。
今頃、叔父さんは「わるかったなぁ」と、言ってるかも・・・。
まあ、また今度の機会で話すから大丈夫。

先日、近所の小学校で朝読をしてきました。
1年生の子供たち、2学期ともなれば、すっかり落ち着いて
しっかりお話に耳を傾けてくれました。
お話は日本の昔話「にんじん ごぼう だいこん」
そして、絵本は「すてきな三にんぐみ」
f0330364_11264859.jpg

この三にんぐみは、怖い盗賊なんですが あることが
きっかけで とても善いことをするんです。

話が終わると、ある女の子が
「そうか・・、だからすてきな三にんぐみなのね」
って、言ってくれました。
しっかり、理解して聞いてくれていたんですね。

こんな時は、話してよかった~♪
baziruは嬉しくなってしまいます。

f0330364_11265180.jpg

田んぼのあぜ道に可愛い花が咲いてました。
稲刈りも終盤に近付いております。

明日も、忙しいぞ~・・・

























[PR]
by baziruu | 2012-10-12 01:35 | 語り

スタバがやってきた

10月に入ってあっという間に、もう10日が・・・。
近辺が慌ただしく、過ぎ去っていきます。

春先から、入院していた母方の叔父さんが
とうとう帰らぬ人となりました。
日増しに、弱っていく叔父さんをいとこの嫁さんが
献身的に看病していました、お疲れ様でした。
明日、荼毘に付されます。

f0330364_11263361.jpg



82歳で逝ってしまった叔父を、89歳の父は
「早かったなぁ・・」と、つぶやいてました。
それを聞いて複雑なbaziruでありました。

最近のテレビでやってました。
人は逝くときには 誰かが迎えに来るんですって
両親であったり 兄妹であったり・・・・。
叔父さんには 誰が迎えに来たのかなぁ。
baziruには誰が迎えに来るんだろう。

f0330364_11263650.jpg




夕方、気分転換に市内にオープンした
「スタバ」に行ってみました。
以前の職場で、仙台に出張のときはいつも
駅構内のスタバでコーヒーを楽しんでましたが
その職場を離れてから、さみしくおもってましたから
八戸にオープンと聞いて、喜んだbaziruでした。

f0330364_11263997.jpg


ドライブスルーもあり、店が混んでるときは
それもいいかも・・・
でも、今日は中で楽しみたいな。

f0330364_11264130.jpg


平日の夕方の為か、案外すいててラッキー

f0330364_11264414.jpg


う~ん、これこれ この味・・・
美味しかった♪

お店にいると 異国に来た雰囲気がして
うきうきしたbaziruでした。

今日はどんより曇り空
明日は雨かな




























[PR]
by baziruu | 2012-10-11 01:08 | 家族

新潟の旅 村上街めぐり

もうすっかり秋模様の八戸になりました。
朝夕は、肌寒くあの暑い暑いと言っていた日々が
嘘のようです。
新潟の旅を終えて10日になり、
日常の忙しさにすっかり戻り、旅の楽しさも忘れがちです。

新潟の旅も終盤、村上市の町屋を散策予定でしたが、生憎の小雨。
先発隊はお土産ショッピングに出かけてしまい、後発の私たちは
折角訪れた町ですから、車窓から町屋を散策。

城下町の村上市に今も残る町屋。
酒屋・醬油屋・御菓子屋・畳屋・桶屋・・・・。
今の時期のみの町屋の内部が見学できるのでしたが
・・・・・残念。

f0330364_11263124.jpg

前日の日本海に沈む夕日。
これが見れただけでも 今回の旅は最高でした。
楽しい旅をありがとうございました。

また来年、開催地は震災復興に貢献しようと
福島の予定です。
幹事さん、宜しくお願いいたします。












[PR]
by baziruu | 2012-10-03 20:41 | 旅行記